スポンサードリンク

             
★アフィリエイト基本
サイト訪問者が求めているのは3つ
サイトとメルマガ アフィリエイトの本当の稼ぎ方
この方法でみんなが売れば売れない人はいない
売れている人と売れていない人
自己意識改革をすること
タイミングを捉えて「売りやすい」時期
「経験「と「実績」が足らない
★ネット塾
「成功者」と呼ばれている人の背景にあるもの
問題を解決する方法を教えましょう
「考え方」「マインド」の大切さ
★情報商材
「情報商材は誰にでも作れる」
情報商材って、どうやって作るの?
必要なものって、特別なものではないんです
誰もが情報商材制作可能!
信頼関係に関係している
お客様は3つの不安を抱えている
リミクシィマーケティング!
脅威のノウハウとは・・・!?
情報商材を見分ける方法
「売れる商材」=「優良な商材」?
属性に合った濃いリスト
★ブログアクセスアップの基本
毎日記事のネタが手に入る
100〜200は自然に稼げる
Pingを一括で送信代行する無料サービス
ブログのトラックバック機能
1日3,000アクセス得る事ができるとしたら・・・
             
★「ネットビジネスの基本」T
成功の秘訣を販売するわけとは・・・
お客さんが決めることなのです
ブログやメルマガも必要ありません!
”仕掛ける仕組み”さえ身につければ
究極ラクして!月収100万稼ぐ方法
★「ネットビジネスの基本」U
ネットビジネスでお金を稼ぐには
売りたいものを確実に売るには?
興味のある人を集める
はじめから集まっている場所とは?
商品は勝手に売れていきます
属性に合った濃いハウスリストを収集する
情報販売やアフィリエイトよりも強力!
★「ネットビジネスの基本」V
インターネット上で最も価値あるもの
1万人のハウスリストを手に入れる
情報販売の成功法則は、確実に変化
「リストビジネス」が重要
無料レポートを使ったある「仕組み」
リストを増やしていくサービス

















情報起業に必要なものって、特別なものではないんです

ズバリ


 「情報商材って、どうやって作るの?」
     
      
 ですよね。


 どんなことを、どんな書き方で書き、どうやって、商材化するの?



 それが問題ですよね。


 そして、その内容は

 
 「テーマは、なんでもいい!!」



 この「なんでもいい!」というのが一番困ると思いますよね。


 テーマはなんでもいいけれど、「なんでもいいと言われたって・・・」なのです。



 そこで、テーマをできるだけ焦点化することが大切です。


 ここでは、2つのテーマの選び方と書き方(書くネタさがし)について書きます。



■テーマの選び方


1.自分の得意なこと、好きなことを書く

 これなら、誰にでもあるはずです。
 いや、ゼッタイニあります!
 好きなことがない人は、自分を振り返ってよく考えてみてください。


 自分で「このことなら何時まででもしゃべっていられる」ということです。
 
 今までの体験でもいいですし、現在進行形のことでもいいのです。

 好きなことって書いたので、趣味的なこと、特技をイメージするかもしれません。

 もちろん、そのテーマがあればOKです。

 これといって話ができる趣味や特技がないという人であれば、自分の仕事のことでもいいんです。

 
 いろいろな職種がありますが、専門職の人ならそれを詳しく書けばいいです。
 
 「こんなことなんて・・・」
 と考えないで、自分にはこれが書ける、ということを探すのです。

   

 大事なことは、人から見てどうかではなく、自分が好きであること、このことならいろいろなことを書ける。
 

 自分の体験から、自分の思ってることから、とにかく気軽に考えなくても書けることをテーマにするのです。
 


 
2.自分の知りたいことを書く

 1.のような「自分の得意なこと」も「好きなこと」も「専門知識」もない!

 こういう場合は、「自分が今、一番知りたいことを」書くのです。

 「このことを知りたいな」とか「この方法が分かったらいいな」という内容です。


 そんなこと、どうやって書けばいいのか?


 ですよね。



 自分で「調べる」のです。

 調べる方法は、いくらでもあります。

 今は、図書館も充実していますし、インターネットも使えます。

 その中から、自分の知りたいことを探します。
 はじめは、探すだけです。

 
 関係のありそうなことがあれば、それを図書館から借りる、インターネットで関連のあるサイトを専用フォルダを作って、お気に入りに入れておく。

 
 
 ようするに、初めのうちは、データと資料集めですね。

 量は多すぎるということはありません。

 たくさんあるだけ、情報量も増して、客観性がでてきます。

 
 これを「自分の言葉」で書く込んでいくのです。


1.自分の得意なことを書く

2.自分の知りたいことを書く


 これが、あなたの書く「内容」です。



 その前に、そこまでたどり着くまでにすべきことがあります。

 「自分の得意なこと」って何か?

 「自分の知りたいこと」って何か?


 それが出てくるまで、どんどん「紙に書き出す」ことをします。

 PCのキーボードで打っているのは、だめです!!

 

 「 鉛筆 」 で 「 紙 」 に 書きためるのです。


   
 実際に、思いついたことを”すぐに”書くために、紙(B6のメモ帳)と筆記用具は、常に携帯します。

 

 いつ思いつくか分かりませんし、「家に帰ってから書いておこう」とすると、家に帰ったときには、「なんだったっけ」となってしまいます。
 


 私の場合ですが、結構この「思いつき」ってあるんです。
 車を運転しながら、ちょっとそこまで散歩しているときなんかです。



 すぐに、その場で 書く

 そのことが大切です。

 そして、これも大切なことです。



 自分も「情報商材」を読んでみる!



 いいものを読むと、それ自体が「ネタ」に化けてくれることもあります。

 また、ひとつの情報商材に書いてあることを実践してみて、効果が出た場合にはそれをまとめることで、立派な商材にもなります。

 


 
 「情報商材」を作るのにに必要なものは、紙と鉛筆、そして、常にアンテナを貼っておくことです。




「ス〜イスイ稼ぐ!骨太ブロガーネット白書 」トップページへ



posted by ニャンネ at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報起業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。