スポンサードリンク

             
★アフィリエイト基本
サイト訪問者が求めているのは3つ
サイトとメルマガ アフィリエイトの本当の稼ぎ方
この方法でみんなが売れば売れない人はいない
売れている人と売れていない人
自己意識改革をすること
タイミングを捉えて「売りやすい」時期
「経験「と「実績」が足らない
★ネット塾
「成功者」と呼ばれている人の背景にあるもの
問題を解決する方法を教えましょう
「考え方」「マインド」の大切さ
★情報商材
「情報商材は誰にでも作れる」
情報商材って、どうやって作るの?
必要なものって、特別なものではないんです
誰もが情報商材制作可能!
信頼関係に関係している
お客様は3つの不安を抱えている
リミクシィマーケティング!
脅威のノウハウとは・・・!?
情報商材を見分ける方法
「売れる商材」=「優良な商材」?
属性に合った濃いリスト
★ブログアクセスアップの基本
毎日記事のネタが手に入る
100〜200は自然に稼げる
Pingを一括で送信代行する無料サービス
ブログのトラックバック機能
1日3,000アクセス得る事ができるとしたら・・・
             
★「ネットビジネスの基本」T
成功の秘訣を販売するわけとは・・・
お客さんが決めることなのです
ブログやメルマガも必要ありません!
”仕掛ける仕組み”さえ身につければ
究極ラクして!月収100万稼ぐ方法
★「ネットビジネスの基本」U
ネットビジネスでお金を稼ぐには
売りたいものを確実に売るには?
興味のある人を集める
はじめから集まっている場所とは?
商品は勝手に売れていきます
属性に合った濃いハウスリストを収集する
情報販売やアフィリエイトよりも強力!
★「ネットビジネスの基本」V
インターネット上で最も価値あるもの
1万人のハウスリストを手に入れる
情報販売の成功法則は、確実に変化
「リストビジネス」が重要
無料レポートを使ったある「仕組み」
リストを増やしていくサービス

















アプリケーションデータ

こんにちは、骨太ブロガーニャンネです。
アプリケーションデータは、それぞれ専用のフォーマットで作成されており、決められたアプリケーションで開くことが前提となっています。

例えば、ファイル拡張子が「.doc」の場合はワードで、「.xls」のファイルはエクセルで開くことが一般的です。

そのため、それらの専用のアプリケーションが正常に動作しないと、ファイルそのものを開くことができないことがあります。

また、これらのファイルの大半は、データが部分的に破損してしまっただけでも、ファイルそのものを開くことができなくなります。
アプリケーションに問題があるならば、アプリケーションを再起動させてみます。
ファイルが破損しているのであれば、ファイル修復ツールで修復するのもいいかもしれません。

アプリケーションデータにはその元になるファイルフォーマットがあります。
エクセルならばCSV形式、ワードならばRTF形式と呼ばれるファイルフォーマットです。

ファイルが開かない時は、データ復旧する方法として拡張子を変えて読み込んでみるのもいいかもしれません。
エクセルならば「.xls」という拡張子を「.csv」に変更するのです。
ワードならば「.doc」という拡張子を「.rtf」に変更します。

エクセルデータをAccessで読み込んでデータ復旧するという方法もあります。
Accessはデータテーブルとしてエクセルデータを取り扱うことができます。

それを利用すれば、エクセルでは読み込めなかったデータのデータ復旧ができることがあるようです。



posted by ニャンネ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧

データ復旧用のバックアップデータ

こんにちは、骨太ブロガーニャンネです。

Windowsが起動しない時にWindowsの再インストールを行います。
Windowsの復元後、データ復旧を行いますが、データ復旧用のデータはパソコン上のどこに保存されているのでしょうか。

データのバックアップをとる際、データがどこに保存されているのか知っておかなければコピーすることはできません。

データ復旧に使う重要なデータがどこに保存されているのかを知るためには、Windowsのフォルダ構造をある程度理解しておく必要があります。

例えば、データはマイドキュメントやデスクトップに保存するのが一般的です。
しかし、こうしたフォルダはユーザーが利用しやすいようにWindowsが設定した特殊なフォルダとなっています。

マイドキュメントもデスクトップもCドライブにある「Documents and Setting」というフォルダの中にあります。

Windowsが正常に稼動している間は、そのような特殊なフォルダがどこに存在するのかを意識する必要はありません。

ところがWindowsにトラブルが発生した時は特殊なフォルダの正確な位置を知らないとデータの救出はできません。

しかも、データ復旧するために救出するデータはマイドキュメントやデスクトップだけではないはずです。
ブックマークやメール、IMEのユーザー辞書なども重要であると考えられます。

こうしたデータがどこに保存されているのか、ある程度確認しておいたほうがいいかもしれません。
posted by ニャンネ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧

データ復旧の保存先は?

こんにちは、骨太ブロガーニャンネです。

データ復旧の場面で問題となるのが、「どこにデータ復旧するのか」、「データ復旧の保存先はどこか」ということです。

今の時代のハードディスクは100GB以上であることがあたりまえになっており、そこに保存されるデータの量は膨大になります。

特に動画データや音楽データなどはデータ量が多くなりがちです。
例えば、ハードディスクの容量が40GBであったとすれば、DVDならば12枚、CDーRならば60枚も必要になります。

作業の手間と時間を考えると、データ復旧の保存先にはハードディスクにするのが現実的のようです。
100GB以上の外付けハードディスクなら1万円前後で購入することができます。

作業は少し面倒ですが、デスクトップパソコンであるならば内蔵型ハードディスクも使用できます。

ハードディスクならば、データ復旧後もデータの保存用として再利用することもできます。

しかし、パソコンに内蔵されたハードディスクの構造によっては、2台目のハードディスクがなくてもデータ復旧できることがあります。

ハードディスクが複数の領域に分割され、Cドライブの他にDドライブがあるような時です。

Windowsの復旧に使用するリカバリーディスクはCドライブだけを初期状態に戻すことが一般的です。

同じハードディスクであってもDドライブのデータは保持されます。

そこで、Cドライブ中の消えてしまっては困る大切なデータはDドライブにコピーしておくのです。
そうすれば、リカバリーを行ってもデータは残ります。

posted by ニャンネ at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧

ファイナルデータ

こんにちは、骨太ブロガーニャンネです。

今日からは、初心者のためのパソコンのデータ復旧についてです。

データ復旧をするための市販ソフトにはさまざまな種類があります。
多くの市販ソフトの中からどの種類を購入するかは、非常に迷うところがあります。
しかし、基本的な考え方としては、どのような種類のデータ復旧をしたいのか、購入資金はどれくらいか、ということで決めれば良いと思います。
オールマイティなタイプや写真データ専用タイプ、メール専用タイプ用などいろいろな種類があります。

値段についてもこれらの機能を限定させることで安かったり、機能に幅を持たせることで高かったりします。
欲しいソフトが決まってもすぐに購入しないようがいいようです。
なぜなら、購入したのはいいけれど結局復旧できなかった、といことも考えられるからです。

ファイナルデータという市販のデータ復旧用ソフトがあります。

インターネットで「ファイナルデータ」と検索してみると沢山のシリーズが出てくると思います。
このソフトは購入前に復旧したいデータや復元したいファイルが本当に復旧できるかどうか確認することができます。

商品のホームページにアクセスして購入予定のソフトの体験版をダウンロードするのです。

データ復旧が可能と判断されてから購入を決めても、決して遅くはないと思います。

ただし、体験版を使用して復旧可能と判断された場合でもいざ復旧しようとしたら出来ないこともあります。

絶対にデータ復旧ができる、ということではないことだけは十分に注意しておかなければいけません。
posted by ニャンネ at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。